現在、継世を執筆中です。https://ritsuri.com/novels-list/tsuguse

小説投稿&登録サイト【ツギクル】のAI作品分析機能を使ってみた

小説投稿&登録サイト【ツギクル】のAI作品分析機能を使ってみた

ツギクルさんでAI作品分析をお願いしていまして、
その分析結果が帰ってきたのでまとめてみたいと思います。

今回分析をして頂いたのは【こちら】の作品。
※リンクはツギクルさんの作品ページへのものです。

私の場合は2日で結果が帰ってきました。

まずはツギクル君の感想から…

 

 

との事です。

ツグクル君「ファンタジーとの相性は515aiと判定されました。ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね」

このaiという指標、

高ければ高いほど、いま流行りのファンタジー小説と似ている傾向にある

との事らしいです。また、満点は990点。

それらを加味して515aiという得点はどうなのでしょうか?
もし100点満点なら52点程…

ツギクル君「ファンタジー作品の中でも珍しい設定がたくさんありますね」

いま流行りのファンタジー小説とはあまり似ていないと考えるのが妥当でしょう。

でも、

500台、600台の数値がボリュームゾーン

との事なので、滅茶苦茶似ていない、という訳でも無さそうです。
言ってしまえば、普通、という事なのでしょう(笑)。

ツギクル君「句読点や感嘆符の使用頻度をもう少し調整してみるともっと読みやすくなると思います」

これです、おっしゃる通りでございます。

私、句読点の付け方が物凄く下手なんです。
感嘆符(これ→!やこれ→?)も全然使いません。

なんというか、文章が細切れになる感じがしてあまり好きではないんですよね…
句読点を自然に付けられている上手な人がとてもうらやましく感じます。

あとaiの評価基準である、いま流行りのファンタジー、は結構頻繁に入れ替わりが起きるそうです。

つまり、aiの値も一定のものではないと…
半年後くらいには自分のai値も変わっているかも…

 

 

この構成要素分析と相性診断というのは自分の作品が、

【ファンタジー】【恋愛】【青春】【SF】【ホラー】【ミステリー】【現代文学】【歴史・時代】【お仕事】【童話】【BL】の11要素 + これらに分類出来ないという意味の【その他】を合わせた12要素

の内、どの要素を多く含むのか?を教えてくれるみたいです。

 

分析レポートに表示されるのは、上記12要素の内ベスト5までと、6位以下の要素を全てまとめた『その他』の6つ。

そうするとですね、その他、というのは2つの意味を持つわけです。

11要素・・・の何れかに分類出来ない、という意味での【その他】
②ベスト5より下の要素を全てまとめたよ、という意味での『その他』

ベスト5に①の意味での【その他】が入ってくる人(私もそう)は例外的に②の意味での『その他』とまとめられて、1つの『【その他】』として表記されるみたいです。

私の分析レポートは、サークル内に5つの要素しか表記されていません。
つまり、分類不可の【その他】がベスト5に入っているという意味…

色々な要素が含まれている(良くも悪くも)という事なのでしょう。

 

そしてもう一つの特徴、ミステリーの要素が多い。

構成される割合の18%、17%という数字は決して弱い数字ではありません。このくらい構成要素がある場合は、むしろ特徴的な要素だと理解しても良いでしょう。

との事なので、我が作品はかなりミステリーの要素が多いという事なのでしょう。

これは恐らく、トリックやミスリードをAIが感知している、というものでは無いと思います。
私の作品にそのような要素(今のところ)はありません。

ミステリーに分類される作品群と共通点が多い、という事なのではないでしょうか?

 

 

成る程、私の作品は最近流行のファンタジー小説と比較して、

名詞が多く…
記号が少なく…
空行が少なく…
ひらがなも少なく…
セリフも少ない…

という傾向にあるのでしょう。

確かに、最近のファンタジーって個性豊かな登場人物同士の軽妙なやりとりが多い気がします。

以上!!ここまで読んで頂きありがとうございます。

レポートを見る上で参考にさせて頂いた、また引用もさせて頂いたのは下記のサイト。
分析レポートを大解剖①
分析レポートを大解剖②
分析レポートを大解剖③
分析レポートを大解剖④
ツグクルさんの公式サイトで、分析レポートの詳しい見方を教えてくれます。
是非目を通して見て下さい。

小説関係カテゴリの最新記事