現在、継世を執筆中です。https://ritsuri.com/novels-list/tsuguse

天才少女が登場する小説(アニメ)を紹介します!

天才少女が登場する小説(アニメ)を紹介します!

天才少女が登場する小説、ライトノベルを紹介します!
順不同です。

※一部少女とは呼べない年齢層のキャラクターがいますが、見目麗しき若い女性という事で勘弁して下さい。

 

 

作品名【ノーゲーム・ノーライフ】

榎宮(かみや)(ゆう)さんの小説作品です。登場する天才少女の名前は『(しろ)』です。

 

作品の概略

最早、都市伝説となっていた最強のゲームプレイヤー『くうはく』
その正体は二人の義兄弟、(そら)と白。

ある日、そんな二人の元に匿名でチェスの勝負が持ちかけられます。
パソコンを介して見知らぬ相手とチェスをする二人。

空と白は接戦の末、その勝負に勝利しますが…
直後、ゲームで全てが決まる世界『ディスボード』に転送されてしまいます。

 

白とは?

読み合いの天才である兄の空と比較して、理論の天才とされる少女です。
心理戦や運の介入しないゲームにおいて最強を誇ります。

よって二人零和有限確定完全情報(ににんぜろわゆうげんかくていかんぜんじょうほう)ゲーム(チャスや将棋等)では無敵であり、最強のチャスコンピューターを相手に先手後手入れ替えで20連勝したという過去を持ちます。

アニメでは、物理法則に乗っ取り跳弾を繰り返す弾丸の軌道を一瞬で割り出し、敵の銃弾にこちらの弾を当てるといった離れ業を披露しています。

情報処理能力特化型の天才と言えるかもしれません。

 

 

作品名【ハーモニー】

伊藤計劃(いとうけいかく)さんによる小説作品です。登場する天才少女の名前は『御冷(みひえ)ミァハ』です。

 

作品の概略

作品の舞台より半世紀程前、世界規模の大暴動、大災禍(ザ・メイルストロム)により各国で核兵器が使用されました。

世界中に溢れた核により癌患者が急増、またウィルスも突然変異を(きた)し、人類の健康は過去に類を見ない程に脅かされる事となります。

そこで世界は政府を単位とする社会を解体、新たな社会単位として、構成員の健康を第一に気遣う生府(ヴァイガバメント)を発足させます。

誕生したのは、極めて衛生的で誰もが他者を気遣う優しい世界、ユートピア。

そんな社会に併合する事を断固として拒否する少女御冷ミァハと、その考えに共感する主人公の霧慧(きりえ)トァン、その友人の零下堂(れいかどう)キアン。

彼女等はそんなユートピアにおいて 、自らの価値を自らだけのものにする為、集団自殺を決行しますが…

 

御冷ミァハとは?

非常にミステリアスなキャラクターです。
知的でかつ扇情的(せんじょうてき)な話術で、友人のトァンやキアンを魅了し、自殺計画に加担させます。

個人用医療薬精製システム(メディケア)を弄って致命的な毒物を作り出したり、恒常的体内監視システム(WatchMe(ウォッチ・ミー))を誤作動させたりと、高校生の身にして色々なアブナイ技術を会得しています。

出生も非常に特殊であり、ある特異な性質を持った集団の一員でした。
過去に凄惨な経験をしています。

 

 

作品名【浜村渚の計算ノート】

青柳碧人(あおやぎあいと)さんによる小説作品です。登場する天才少女の名前は『浜村渚』です。

 

作品の概略

舞台は教育改革によって理系科目が排斥された日本。
そんな最中、数学の地位向上を目的として、テロ組織である『黒の三角定規』が発足します。

首謀者はドクター・ピタゴラスこと高木源一郎。
高名な数学者であった彼は、日本中の学校でかつて使われていた数学学習ソフトの開発者でもあります。

ソフトに高木が仕込んでいたのは、使用者の行動をコントロールする事の出来る恐ろしい予備催眠。
国民の多くを人質に取られた警察ですが、ある日黒い三角定規・特別対策本部に救世主がやって来ます。

 

浜村渚とは?

中学二年生であり、高木の作成した数学ソフトを使用していない世代の少女です。
理系科目が排斥された社会において、自ら数学を学び、非常に高い情報処理能力を身に付けています。

彼女の真髄は、数学を現実の問題に応用して問題を解決する、といった所にあります。

例を上げれば…

数学を咄嗟に応用してナンバープレスを左上から順答する。
ルービックキューブの配色を、用意された別のルービックキューブのものに揃える。

といった具合です。

また非常に機転が利き、画期的なアイデアで以て黒い三角定規・特別対策本部をサポートします。

 

 

作品名【神様のメモ帳】

杉井光(すぎいひかる)さんによる小説作品です。登場する天才少女の名前は『紫苑寺有子(しおんじゆうこ)』です。

 

作品の概略

都心部で起こる様々な事件を、主人公である鳴海を含むNEET探偵団の面々が解決するというのが主なストーリです。

鳴海の雇い主であり、探偵団のブレインでもあるアリスこと紫苑寺有子は、主にクラッキングにより事件解決のサポートをし、基本的に現場へ出向くといった事はありません。

所謂、安楽椅子探偵、に該当する小説作品です。

 

紫苑寺有子とは?

130cmにも満たない身長と黒蜜のような美髪を腰まで伸ばした探偵の少女です。
主人公である藤島鳴海の雇い主でもあります。

高度な技術を持つクラッカーであり、あらゆる事件を部屋から一歩も出ること無く解決する事が出来ます。

アパートの一室に探偵事務所を構え、その下のラーメン屋にたむろするハイスペックニート達に協力を依頼する事で事件の捜査を行います。

クラッキングを含めたあらゆるネットワーク知識に精通し、インターネット上では無敵とされています。

また、思考力も人並み外れており、探偵団のもたらす情報から演繹(えんえき)的に正しい答えを導き出します。

麻雀の腕は、作中最強クラスの鳴海を軽く凌駕する程です。

 

 

作品名【全てがFになる】

森博嗣(もりひろし)さんによる小説作品です。登場する天才少女の名前は『西之園萌絵(にしのそのもえ)』です。

 

作品の概略

孤島に存在する最先端研究所、その中枢を担う工学博士の真賀田四季(まがたしき)がある時、両手足欠損のウェディング姿で発見されます。

彼女はある理由により年少時より個室に隔離されており、遺体発見以前にそこへ足を踏み入れた者はいません。

その時偶然島へ遊びに来ていたのはN大助教授の犀川創平(さいかわそうへい)とそのゼミの面々、それから犀川と個人的に付き合いのある西之園萌絵。

遺体発見の現場に居合わせた犀川、西之園の両方が奇妙な密室殺人の謎に迫ります。

また、全てがFになる、は犀川創平と西之園萌絵を主人公とするS&Mシリーズの第1作目に当たります。

 

西之園萌絵とは?

N大学工学部建築学科に所属する大学1年生の女性です。
特出した計算能力を持ち165×3367といった非常に桁数の多い計算を一瞬で解いてしまいます。

全てがFになる冒頭の真賀田との対談では決断力、洞察力、観察力に優れているとの評価を貰っています。

思考が飛躍する癖があるとの事ですが、真賀田曰くそれは長所でもあるとの事。

頭の回転を活かした総当たり的な思考方法を得意としています。
指向性が卓越しているとされる犀川とは別の方向性を持った天才です。

 

 

作品名【四季シリーズ】

上記と同じく森博嗣さんによる小説作品です。登場する天才少女の名前は『真賀田四季』です。

 

作品の概略

人類のうちで最も神に近い、と称される真賀田四季を主軸とした作品群です。

『四季 春 The Four Seasons Green Spring』
『四季 夏 The Four Seasons Red Summer』
『四季 秋 The Four Seasons White Autumn』
『四季 冬 The Four Seasons Black Winter』

の4作品からなります。

真賀田四季とは?

森博嗣氏による書籍シリーズの中でも断トツの頭脳を持つ女性博士です。
上記の西之園萌絵を凌駕する処理速度と、犀川創平を凌駕する指向性を持ち合わせています。

その頭脳が誇るキャパシティー故に様々な人格を有する多重人格者であり、それぞれが独立した思考力を持っています。

あらゆるタスクを並行して行う事が可能であり、とんでもない仕事量を一人で処理する事が出来ます。

性格を始め、多くの価値判断が常人とは隔離しており、殺人でさえも彼女にとっては禁忌たり得ません。

 

書籍紹介カテゴリの最新記事