現在、継世を執筆中です。https://ritsuri.com/novels-list/tsuguse

GGO 4話【デスゲーム】 粗筋と感想、あと銃器紹介

NO IMAGE

SAO オルタナティブ ガンゲイル・オンライン4話『デスゲーム』を見ました。

物語はチームLMがプロチームと居住区で交戦しているシーンから始まります。

レンが体の小ささを生かした奇策でプロチームを退けるのは1話の通りです。

その後、空き家でMさんの完璧な誘導に感嘆するレンちゃん。
レンがその理由を訪ねるとMさんはリアルのプレイヤースキルの賜物だと答えます。

Mさんは小さい頃から地理感覚に優れ、また一度見た地図であれば正確に思い描けるようです。

尚、この時点で生き残っているチームは3チームとの事です。

 

 

プロムナードを口ずさみながら水辺沿いを走るレンちゃん、その後ろを静かに追走するMさん。
まさに散歩の気分と言った所でしょうか。

3位入賞確定という事もあり、レンちゃんはご機嫌です。

「敵だ!右だ!」

唐突に言うMさん。レンもMさんに倣い地面に突っ伏します。

直後、レンの頭上を何本も通る射撃予測線。周囲には幾つもの弾が着弾します。

「5分も経ってないのに」

困惑するレンちゃん。

先程のスキャンで確認した敵の位置から、湖を迂回してここへ来るには、所用時間が短すぎるという事なのでしょう。

「乗り物を手に入れたんだ」とMさん。

直後、エンジン音と共に水面を4台のホバークラフトが走って来ます。
内2台は2人が搭乗しています。

水上の6人から放たれる連射を、横に転がる事でなんとは避けるレンちゃん。

レンは逃走を提案しますがMさんは、追いつかれる、とそれを拒否します。
付近の岸辺には障害物が無く、ホバークラフトが上陸するにはもってこいである事がその理由です。

そんな状況を打破する為にMさんが取り出したのは、前方を覆う扇形の鉄盾。

ゲーム開始直後から背負っていた小型冷蔵庫程の荷物の正体は武器ではなく防具だったようです。

Mさんは、展開した盾の中央にあるスリッドから、銃口だけを出し敵に狙いを定めます。

敵もMさんに標的を絞りマシンガンを打ち込みます。

敵の持つ銃はH&K HK21だと思われます。7.62mm弾を使う汎用機関銃です。
7.62mm弾なので威力は中々です。

盾はMさん曰く、7.62mmクラスまでなら目前で打たれても弾をはじく事が出来るそうです。
材質は宇宙戦艦の装甲板であり、GGO最強の素材との事です。

レンちゃん、スムーズにP90をリロードしてますが、これ難しいらしいです。
弾が90度回転して給弾される仕組みなので、マガジンが少し特殊な形をしています。

 

 

Mさんはレンちゃんに走り回って敵の注意を引きつけてくれるように頼みます。
その間に狙撃で敵を倒すというのがMさんの作戦だそうです。

バレッドラインを目視されてしまう、と心配するレンですがMさんには秘策があるようです。

敵は大きく旋回し、再びレン達の元に迫ります。
それから距離が縮まると、レンに向かいマシンガンを発射します。

それを横へ走って避けるレン。弾は一発も当たりません。

次の瞬間、敵の一人が頭に直撃弾を食らい消滅します。
続いて二人目も心臓に弾が当たり消滅します。

「ラインを躱せ」と敵の一人が叫びますが、毎度お馴染みのあの赤い線は表示されません。

その後、敵3人もMさんの手により瞬く間に倒され、残りは一人となります。

レン達の居る浜辺に特攻してくるホバークラフトに、Mさんがやたらと近代的なグレネードを投げます。

外れたかの用に見えた榴弾は水中で爆発し、残った敵の一人を浜辺へと打ち上げます。

トドメを刺す為に頭上に立つレン。

「ごめん」と一声掛けた後、P90から十秒ほど弾を撃ち込み続けます。

 

 

その後、

「なんでバレッドラインを避けなかったんだろう?」

と疑問を露わにするレン。

Mさんは、

「見えなかったからだ」

と答えます。

バレッドラインは引き金に指を掛けた瞬間より敵がそれを目視可能となります。
勿論、引き金に指を掛けなければバレッドラインを目視される事はありません。

しかし、射撃補助機能であるバレッドサークルは引き金に指を掛けないと使用する事が出来ません。

つまり、Mさんは射撃補助機能を使う事無く(引き金に指を掛ける事をせず)自らの腕前で以て標準を定め、射撃の瞬間にだけ引き金を引いた・・・という事になります。

そんなMさんの実力を目の当たりにしてレンは勝利を確信します。

 

その後、スキャンの時間がやってきます。レーダーに注目するレンとMさん。

敵の位置が判明しますが、それは自分達のいる位置の直ぐ近く。
レンとMさんは驚きを露わにします。

直後、レンは敵からの着弾を受け、大きく吹き飛ばされてしまいます。
そんなレンを抱え逃走するMさんですが、Mさんも右足近辺に直撃を食らいます。

地面に倒れ込むMさん。
絶体絶命に思われましたが、近くに泊めてあったホバークラフトで逃走し、難を逃れます。

レン達を攻撃したのは女性の6人組であり、付近の民家のベランダからドラグノフ狙撃銃を用いて狙撃を行っていたようです。

ドラグノフは7.62mm弾を使用するセミオートマチックライフルであり、ボルトアクション式のスナイパーライフルよりも連射が効きます。

因みにガンゲイル・オンラインは初弾に限りバレットラインは表示されない仕様となっています。

 

その後、離れた岸部へと無事辿り着くレンとMさん。
荒野に上陸すると迎撃の算段を整えます。

また、Mさんは15時丁度に読むようにと知人から渡された手紙があるようで、それを読み始めます。

手紙を読み終わったMさん。唐突にH&K HK45をレンに突きつけます。
驚愕の表情を浮かべるレン。

Mさんは「すまん」と言うと引き金を引きます。

しかし、流石はレン、至近距離で放たれた弾丸を寸前で躱します。
二射目に放たれた弾は帽子を吹き飛ばしましたが、体には当たっていないようです。

レンは即座に距離を詰め、拳銃を跳ね上げ、懐に入り込みます。
しかし、Mさんも直様体制を整え、レンの眉間に銃口を突きつけます。

再び引き金を引くMさん、しかし弾は発射されません。
直前、レンは拳銃を跳ね上げた際に同時に安全装置をONにしていたのです。

そんなMさんの首元にP90を突きつけるレン。

「動いたら引き金を引くよ」

「なんで殺そうとしたの?」

レンは言います。

直後、Mさん、急変します。

「嫌だ~死にたくない」

今までの冷静な様が幻でもあるように、涙と鼻水を流しながら、首を左右に振り何かを怖がるMさん。

物語はそこで終了します。

 

 

そんなMさんにレンちゃんは驚きの表情を浮かべます。

 

 

今回登場した武器は

H&K HK21
ドラグノフ狙撃銃

となります。
※過去に登場した火器は省いています。

因みにMさんの秘密兵器、鉄の盾(正式名称不詳)は7.62mm弾までなら防げるとの事でしたが、GGOに登場するシノンさんの使うヘカートIIであれば簡単に貫通出来るものと思われます。

シノンさんのヘカートIIが使う弾は7.62mm弾より強力な.338ラプア・マグナムよりも更に強力な.50BMGだからです。

因みに私が使う(1話の感想記事を参照)ラハティ L-39 対戦車銃は上記の.50BMGを更に上回る20×138mmB弾を発射します。

完全に余談ですが、イボイノシシの別名をもつA-10 対地攻撃機の武装であるGAU-8(アヴェンジャー)の使う30mm口径弾は20×138mmB弾より更に強力な弾であり、GAU-8はこれを1分間に3900発撃ち込む事が出来ます。

それにしても、シノンのヘカートIIから発射される弾を完全に無効化する事の出来るキリトの防御力はある意味でMさんの鉄の盾以上だと言えるのでは無いでしょうか?
そう考えるとチームLMがキリト&シノンに勝てる可能は低そうです。

Mさんが作戦を立ててレンの隠密性をフルに生かす事が出来ればいけない事もないか?……
 

 

アニメ オルタナティブ ガンゲイル・オンラインはデジタル9ch「TOKYO MX」にて土曜日23:59分から見る事が出来ます。

他にはBS11、とちぎテレビ、群馬テレビ、MBS、テレビ愛知、でも放送されているらしいです。

あとAbemaTVにて最新話と1話だけ視聴可能(多分)なので、見逃してしまった方はこれを利用する事をお勧めします。

登場する武器に注目して視聴しましょう(笑)

オルタナティブ ガンゲイル・オンラインカテゴリの最新記事